忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前から見たいと思ってた映画「アバター」、ようやく見ること出来ました。
DVDで。
しかも3Dではなく、普通の画面の方。

多くの人が劇場に足を運び、「タイタニック」以来の大成功だということで、ミーハー気質な私は当然劇場へ足を運ぶつもりでしたが、いろいろ忙しかったりで時間が取れずに、結局見に行けませんでした。

というわけで「アバター」、良かったです。
特筆すべきは映像の美しさ、やはり大画面で、しかも3Dで見たかったですね。
子供でも理解できるシンプルなストーリーも、ベタではありますが、まぁまぁ成功してると言えるでしょう。



さて、もう1作品、上映前から絶対に見たい、と思ってたのに結局見に行けなかった映画、それは「さまよう刃」。
東野圭吾原作ですが、元の作品が良かったので、見てみたかったのです。
それに東野作品の映像化は、だいたいハズレがないようだし。
少年犯罪を扱った内容ですが、まずまず原作通りで、よく表現できていたと思います。
原作ファンならお勧め。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» まじっすか?
さまよう刃、よかったですか?原作はすばらしく、少年法のあり方に関していろいろ考えさせられるものがありましたよね。東野作品の映像版には失望させられるものも多いですよね。でも来年春の白夜行の映画はちょっと楽しみにしてます。
shin 2010/08/23(Mon)10:06:43 編集
» 映像化
shinさん、こんばんは!
小説を映像化した場合、元の小説を上回ることは、私が見た限り、一度もありませんでした。
もちろん、「さまよう刃」も原作を超えておりません。
超えることは不可能でしょうね~。
ただ、東野作品は横溝正史作品と並び、まだ映像化が成功してるほうだとは思います。
「容疑者Xの献身」はよく出来ていたし、賛否両論の「手紙」もあれはあれで有りかなって思ってます。
もうなかには酷いのもありますからね。
京極夏彦とか江戸川乱歩なんて、映像化が酷すぎて、怒りすらわいてきます。

白夜行は前にドラマでやってましたね。
私は見てませんが。
原作はとても好きです。
続編と言われる幻夜も好きです。
映画化ですか~、あの長い話を2時間、長くてもせいぜい3時間で収まるのでしょうか?(笑)
にゅーめん 2010/08/23(Mon)19:58:40 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]