忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

かなり前のことだ。
どれくらい前だったかというと、30年数年前だったと思う。
私は小学4年生か5年生くらいだったのだが、今もあのときの、あの人物の顔と声を覚えている。

プラモデルに凝っていた私は、当時一大ブームだったスーパーカーのプラモを作ったりしていた。
いつもの模型屋さんばかりだと、品揃えもだいたいわかっているので、たまには違う店にいってみよう。
ということで、あまり馴染みのない町まで、自転車をキコキコとこいで来たわけだ。
目当ての模型屋さんはすぐに見つかった。
店の前に自転車を止めて、さあ中へ入ろう。

「ドンドン!」

おや?今ドンドンって聞こえなかった?
私は周りを見渡したところ、道の向こう側(模型屋さんとは逆のほう)に一人のオッサンが、凄い形相でこっちを睨んでいた。
ここは駐輪禁止なのか?
いや、他にも自転車が止まっているし、別に問題はないはずだ。
気のせいかもしれない、さっさと店に入ろう。

「ドンドン!」

なんだ?ドンドン?
道の向こう側を見ると、やはりさっきのオッサンが、今にも襲いかかろうとするような鬼の形相でこっちを睨んでいる。
少し顔も赤くなっているようで、目も充血していたかもしれない。
それは、まさに殺人犯の目だった。
そして次の瞬間、そのオッサンは「ドンドン!ドンドン!ドンドン!」といいながらこちらへ向かってきた。

私は怖くなって、自転車に飛び乗り、必死で逃げた。
全速力でペダルを踏み、風を切りながら、無我夢中で逃げた。

次の日学校で、その異様な「ドンドンオッサン」の話をした。
話は瞬く間に広まった。
当時、口裂け女がブームで、まことしやかに目撃談や伝説が語られていたが、「ドンドンオッサン」も恐怖の人物として、同じく話題になった。
時には、クラスメイトの後ろにそっと近づいて、耳元で「ドンドン」と叫んだり、「ドンドン!」といいながら相手を威嚇する、「ドンドンオッサンゴッコ」も流行った。
私はブームの火付け役として、また、唯一の目撃者として、ずいぶん得意になって喋ったと思う。

やがてブームは去り、口裂け女とともにドンドンオッサンも忘れ去られていった。

もし、あの時のことを覚えている人がいたならば、きっと口裂け女と同じく、ドンドンオッサンも実在しない架空の都市伝説だと思われているに違いない。

ドンドンオッサンの動画がなかったので(当たり前だ!)、かわりにこちらを。
口裂け女伝説/犬神サーカス団
http://www.youtube.com/watch?v=XdwHlhKEuW8


カテゴリー一覧
ホーム
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
口裂女。
1979年初頭~早春にかけて、
全国の小学生を恐怖のルツボに叩き込み、
震撼させたのを覚えています。

「ドンドンオッサン」は初めて聞きましたが、
口裂女に負けず劣らず、じゅうぶん怖いです。
なんてったって実話ですから。^^

>口裂け女伝説/犬神サーカス団
初めて聴きました。
女性ボーカルでこれだけウマイ歌唱を
聴くのは、ずいぶん久しぶりな気がします。
素晴らしい。
喜楽院 2012/05/27(Sun)10:42:05 編集
» 口裂け女
喜楽院さん、こんにちは!
口裂け女、当時は皆実在すると信じていて、たまに目撃談もありましたが、今思うとあれってガセだったんだな、とか、何かと勘違いしてたんだろうなって思います。
なんか、100メートルを6秒くらいで走るとか、「わたしキレイ?」と尋ねられて「キレイ」と答えると、「これでも?」と裂けた口元を見せるとか、手が込んでました。

ドンドンオッサンは実在の人物でしたが、アレ以降見ていませんし、たしかクラスでドンドンオッサンを探しに行くツアーもあった気がするのですが、発見出来なかったと思います。

犬神サーカス団は、日本のバンドでいえば人間椅子と陰陽座を混ぜたようなイメージですが、CDを持っているわけではなくyoutubeでしか聴いたことありません。
なかなかの実力ですよね。
こういう、一般的ではないけど実力のあるアーティストって多いようです。
歌の上手さは大したものですよね。
それに独特の個性も。
にゅーめん 2012/05/27(Sun)12:51:36 編集
» 無題
都市伝説の本など見ていると、「走るおばあさん」とか
なんじゃこりゃ?というようなのが全国各地に出没しているようですが、
「ドンドンオッサン」は初耳&初見でした。
口で「ドンドン!」と言ってるんですね。

本当かウソが確かめようがないのですが、
中学の時、理科の先生が、野良猫を捕まえているというウワサがありました。
皮をはいで、静電気の実験の時にエボナイト棒をこするのに使うため、だとか。
先生自体は不気味な人でなく、大人しい感じの中年の男性教師だったのですが。

あと、実名はあげませんがどこそこの餃子には、猫肉が入ってるとかなんとか、
大学生の頃、よく聞いたウワサです。

どうせウワサなんて、嘘っぱちだろうと思ってますが、
でも「ドンドンオッサン」はにゅーめんさんの体験談なので、怖いです。
通り魔殺人犯の予備軍だったのかも。
にゅーめん少年がご無事でよかったです。
那由他 2012/05/27(Sun)15:29:43 編集
» 無題
あはは。
那由他さんの「餃子に猫肉」のハナシ聞いて、
学生時代に流行った「都市伝説」を思い出した。

牛肉の価格が今よりもずっと高かったころの、
『ネコドナルドのニャンバーガー』ってハナシ。^^
喜楽院 2012/05/27(Sun)17:04:07 編集
» 中学の先生
那由他さん、こんばんは!
世の中にはいろいろな都市伝説がありますよね。
ドンドンオッサンは実在の人物ですが、これは逆に伝説だと思われている可能性高いです。
ということは、わたしはウソツキ?
そのように思われているかもしれませんが、遠い日のこと、気にしません(笑)
結局のところ、その人物は、奇妙な言葉を発して威嚇してきただけなのですが、あのとき逃げずにその場にいたら、どうなってたでしょうね。

>中学の時、理科の先生

エボナイト棒をこすって静電気を発生させるのに、ネコの毛が有効なのかな?
おそらく事実ではないでしょうけど、それが本当なら動物虐待で逮捕されそうですね。
誰か、その先生のことが気に入らない人が、そういう噂を流したのかもしれませんね。

>ネコ肉餃子

そういうのこちらのほうでも聞いたことあります。
Mドナルドとか、餃子のO将とか。

にゅーめん 2012/05/27(Sun)18:35:34 編集
» 発信源は?
喜楽院さん、こんばんは!
ネコ肉の噂もありましたが、こちらではミミズ説が濃かったですね。
Mドナルドのハンバーガーの肉はミミズだとか、O将の餃子はミミズ肉だとか。
これは中学生が面白半分で噂してるのはかわいいものだと思いますが、いい大人がこういうのを信じてると、ちょっと痛い人だと思っちゃいます。

そういえば、どこそこの病院で、死体洗いのバイトがあり、一日2万円、ただし一週間は食事が喉を通らない、とか。
Aじの素は石油だとか、志村けん死亡説とか、誰が言い出すのでしょうね。

>『ネコドナルドのニャンバーガー』ってハナシ

うまい!山田くん座布団もってきて。
にゅーめん 2012/05/27(Sun)18:40:23 編集
» 都市伝説
怖い…(汗)
そのオッサン明らかに威嚇してますよ!!
リアルに危険な人だったのかも知れません。
それとも、口裂け女みたいな妖怪?かも…
とにかく逃げきれて良かったですね。

私の時代にはそういうのは無かったですが、似たような感じで、キョンシーごっこが大流行して大人数で
いつもやってた覚えがあります。

犬神凶子はまさに口裂け女ですね。
カイン 2012/05/27(Sun)20:20:20 編集
» いろいろな伝説
カインさん、こんばんは!
ドンドンオッサン、今考えると、いったい何がしたかったのか、さっぱりわかりません。
なんでそんなに怒ってるのかもわからないし(笑)
あのまま、あの場所で逃げずにいたら、今頃この世にいなかったりしてね。

口裂け女は、まさにリアルタイムで体験(?)してきた世代です。
だって、マジで信じてましたから。
あと、小学校の運動場に廃墟のような古いトイレがあったのですが、やはり伝説がありましたね。
ミヨちゃん便所っていって、幽霊が出るとか、昔ミヨちゃんって女の子がそこで死んだとか、いろいろ噂されてました。
キョンシーの映画は大ヒットしましたよね。
あの独特の動きは、当時の子供たちに大きな影響を与えたことでしょう。

犬神凶子、あの人いつもああいう感じのメイクですよね。
上のコメントで喜楽院さんも書いてますが、歌唱力は素晴らしいと思います。
にゅーめん 2012/05/27(Sun)21:03:28 編集
» 無題
都市伝説というと、思い出すのは朱川湊人の「都市伝説セピア」http://www.amazon.co.jp/%E9%83%BD%E5%B8%82%E4%BC%9D%E8%AA%AC%E3%82%BB%E3%83%94%E3%82%A2-%E6%9C%B1%E5%B7%9D-%E6%B9%8A%E4%BA%BA/dp/4163222103
それから「世にも奇妙な物語」 (2012年春「ワタ毛男」http://www.youtube.com/watch?v=JMZShIfpDRU

怖いけど、ちょっと哀しい…「とおりゃんせ」の歌と同じようなところがあります。
那由他 2012/05/27(Sun)22:17:34 編集
» 童謡
那由他さん、おはようございます!
「都市伝説セピア」面白そうですね。
いちおうホラー作品のようですが、単なるホラーではなく、ちょっと乱歩的なオタクっぽさがありそうで、一度読んでみたいと思います。

「世にも奇妙な物語」こちらも、ちょっと不思議系のお話が多いですよね。
ちょっと今は時間がないのでリンク先のユーチューブが見れないのですが、今夜にでも見てみようと思います。
ワタ毛男って名前からして面白そうです。

「とおりゃんせ」そういえば歌詞をよく読んでみると、ちょっと哀しい感じがしますね。
昔の童謡って、なかなか深い意味がある場合もあって、詩的だなって思ったりもします。
にゅーめん 2012/05/28(Mon)06:19:46 編集
» おっさんの正体
それは菅原文太に違いありません。
ダイナマイト〜どんどん!
忍者 2012/05/28(Mon)19:30:54 編集
» 文太兄い
忍者さん、こんばんは!
おお、あの鋭い目つきは、まさに菅原の文太兄いだったかもしれません(笑)
でもね、もっと背が低くて、顔が丸かった記憶があります。

>ダイナマイト〜どんどん!

そんなコマーシャルありましたね。
最近、菅原文太はキリンラガービールのCMでしか見ませんが、子供の頃はトラック野郎の一番星のイメージがあります。
一番ぼ~し、み~つけた~

そういえば仁義なき戦いって、まともに見たことがありません。
人気作なので、一度レンタルして見ようかな。
にゅーめん 2012/05/28(Mon)20:13:33 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[12/18 Blealgagors]
[12/17 BisiomoLofs]
[12/16 Looporwaply]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]