忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、中国人の友人がドラマや映画のDVDを貸してくれました。
リージョンが違うせいか(あるいはコピー商品のため)、普通のDVDプレイヤーで見れないのですが、PCでなら見ることが出来ます。

この中で日本の人気漫画「頭文字D」の実写版があったので、これを見ることにしたのでした。
私はこの漫画については、車の話だってこと以外予備知識はなく、原作を読んだことはありません。



この映画は、原作が日本なのに中国製。
俳優陣は全て中国人(または台湾人)、監督も中国人という中国映画ですが、ロケは全て日本という異色作。
日本では日本語吹き替えで上映されたそうです。

貸してくれたDVDに日本語字幕とか親切なものは、当然ありません。
オール中国語で鑑賞するしかないのです。
でもまぁ、全部はわからなくても1/3くらいは内容理解できるでしょう。

しかし…

全然わからない…(大汗)
1/3どころか、99%何喋ってるかわからない(大汗)

映像を見れば、何となくストーリーはわかります。
峠でスピードを楽しむ若者たち、登場する車はトレノとかスカイラインとかランサーとか日本車ばかり。
公道でのレースと、ちょっと切ない恋愛があります。

でも言葉が全くといっていいほど分からないのです。
こ、こんなはずでは…(涙)

それもそのはず!
後でwikiを見てわかったのですが、これは全て広東語だったのでした。
似て異なる北京語と広東語。
ネイティブ中国人でも理解出来ない人もいるという広東語、私がわかるわけないですね。
ちょっとほっとしました。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» またタイトルが解かりません(笑)
んー僕らが東北弁とかを解からないようなもんなんでしょか?
しかしまたなんでその広東語で撮ったんでしょね?
ってか、借りた方は広東語を話されるんでしょか?
ひらぱ 2008/01/13(Sun)00:15:31 編集
» 広東語
ひらぱさん、おはようございます♪
タイトルは「今日は映画”頭文字D”を見たけど…ようわからんかった」です。

この映画の監督は香港の人だそうです。
で、香港は広東語なので、広東語で撮られたのだと思います。
ちなみにジャッキー・チェンとかの香港映画も広東語です。

広東語と北京語(標準中国語)は使う文字はだいたい同じですが、発音がかなり違います。
そのため、中国のTV番組では生放送でない限り標準中国語の字幕が付きます。
これを貸してくれた人は、中国南部の出身なので、広東語がわかるんだと思います。
にゅーめん 2008/01/13(Sun)10:09:41 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[12/18 Blealgagors]
[12/17 BisiomoLofs]
[12/16 Looporwaply]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]