忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私は子供の頃から模型好きでした。
私の世代だとガンダム世代になるのですが、なぜかガンダムにはまるで興味はなく、作るのはスーパーカーなど乗用車か、戦車や装甲車など軍事物、あるいは艦船や帆船など船舶物でした。
ギターを弾くようになってからは作ることもなくなったのですが、10年くらい前にはドールハウスなど家屋ものを完全手作りで作ってました。
自分のマイホームを24分の1くらいで作る計画もあったのですが、いろいろ忙しくて作れてません。

そんな私が以前から気になっているのは、デアゴスティーニの「週刊〇〇をつくる」シリーズ。
これらは超本格的模型で、生半可な気持ちで取り組むと後悔することになります。
それくらい精密で大人の模型としての完成度を誇ります。

例えば「週刊 安土城をつくる」
http://deagostini.jp/azc/

織田信長が今の滋賀県は琵琶湖のほとりに作った壮大な城郭です。
今尚謎の多い城、とくにその天主はいろいろな考証がされていますが、これはその最新の研究のもとに内部まで精密に再現された1/90木製モデルです。
完成まで2年ほどの月日を要し、総額は16万円を超えるようです。

もうひとつ「週刊 零戦をつくる」
http://deagostini.jp/zst/

日本が誇る名戦闘機をその骨格からエンジン、コクピットのメーターまで製作する零戦模型の決定版ともいえるものです。
外板にはアルミパネルをはり、翼端灯やメーター照明のランプまで点灯する細かさ。
こちらも2年ほどの月日を要し、総額は15万円くらいになるようです。

こういうのにチャレンジしたい気持ちは山々なれど、時間とお金、とくに時間がじっくりとれないのが現状です。
毎週送られてくるので、サボればドンドン溜まってきます。
そうなると趣味を超えて義務みたいになってきて、いずれは挫折しそうです。
老後の楽しみに取っておきましょうかね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
この間テレビで、だんじりの御神輿だったか、
その模型を高齢になってから(60才以上だったと思います。)作り始めた80才代のおじいさんが紹介されていました。
そのおじいさんはとても若々しくて、
とても80才を超えているようには見えませんでした。
いくつからでも好きな事は始められるんだな〜と
そのとき思いました。
にゅーめんさんも頑張ってください。
頑張ってって、おかしいか。。。。。
おすぎ 2009/08/16(Sun)01:21:34 編集
» 趣味の世界
おすぎさん、おはようございます!
模型は大人が没頭するに値する趣味だと思いますが、けっこう高齢の人もやってますね。
コツコツと諦めないで作り続ける、そこには地道な努力と想像力、壁に当たったときの創意工夫があり、その年月が長ければ長いほど(といっても限度がありますが)精巧であればあるほど完成したときの喜びや感動は大きいと思います。
ある意味これは人生ですよね。

高齢の人に登山趣味の人が多いように、ある程度人生を重ねた人は、こういう人生の縮図のような趣味を持つのかもしれません。
やはりこういうことをする人って前向きな姿勢でことを構えるから、精神的に若い、それが外観にも現れてくるんでしょうね。
私も定年(?)くらいからはじめても遅くはないですね。
にゅーめん 2009/08/16(Sun)07:41:05 編集
» ♪ディアゴスティーニ♪
♪ディアゴスティーニ♪というCMのジングルが印象的で、いつもCMの終わりには、一緒に口ずさんでしまいます。
いろんなシリーズがあり、どれも興味深いのですが、にゅーめんさんがおっしゃるように、完成するまでの根気と経済力が問題ですね。
マイペースでのんびり作っていく方がいいような気がします。

でも、何か、出来上がったとしても飾るスペースがないなぁ。
那由他 2009/08/18(Tue)22:17:40 編集
» ものづくり
うちの実家は模型屋ですが、もう子供が来なくなってかなり経ちます。ホント、大人も子供もものを作ると言うことをしなくなりましたね。田宮でさえ完成品を売る時代ですから・・・。

私は、バンドや演劇ももの作りだと考えています。舞台を作る事がおもしろいのに、いるんですよね、それを嫌がる人が。mixiの自己紹介欄にも「カラオケ/バンド」となっているように、同じだと考えている人が多いのかもしれません。
忍者 2009/08/19(Wed)00:52:32 編集
» 飾る場所
那由他さん、こんばんは!
ディアギスティーニは次々と新しいシリーズが発売されているので、けっこう売れているんでしょうね。
中にはコレクション的なものもありますが、やはりここは本格模型にじっくり取り組みたいものです。

完成した後の飾る場所、これは確かに問題かもです。
けっこう大きいんですよね、これらは。
これくらい大きくなければ、さらに難易度が増して、誰にも作製できるものではなくなってしまいますが。
にゅーめん 2009/08/19(Wed)20:56:36 編集
» 物づくり
忍者さん、こんばんは!
最近の子供は模型なんて作らないんでしょうね。
まことに寂しいものです。
今の主流ってガンダムのようだけど、買っているのは40歳以上の人だったりします。

田宮が完成品を発売ですか?
ダメダメ~、そんなの田宮じゃないですぅぅ!
何が面白くて完成品を買うのか?模型というものを全然わかってないですね。
物作り、たしかに演劇もバンドも、地道な練習の積み重ねによって完成されるものです。
苦労を重ねてこそ完成したときの喜びがある、ていうのはもう古いのでしょうかね~(汗)
にゅーめん 2009/08/19(Wed)21:00:54 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» 2年後・・・・。
  一度これで失敗したことがある。   子供の頃、学研の「科学」に付いて来ていた
URL 2009/09/02(Wed)08:33
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]