忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週24時間テレビが放送されていた。
私はたまにチラっと見るくらいだったが、毎年必ず放送されているということは、視聴率がいいのだろう。
そして、テレビ局としては、確実に儲かるのだろう。

この番組は昔から批判が多い。
おそらく始まった当初から批判する人が多かったのだろうが、ネットの時代になり、視聴者の意見がダイレクトに伝わるようになると、出るわ出るわ、批判の嵐。
今回、ツイッターで「24時間テレビ 偽善」で検索すると、それこそ日本国民全員がそう思ってるのではないか?というくらいヒットした。

それでも、2億数千万円の寄付金を集めたという。
偽善だ、障害者をネタにしている、寄付金よりギャラのほうが高い、感動の押し売り、とか言われながらも、これだけの金額を集めた。
もちろんこれにもビジネスが絡み、当たり前だがテレビ局をはじめ、これで儲ける連中も存在する。
しかし、この番組に共感し、感動し、人助けをしたい、誰かの役に立ちたい、と思う人がいて、結果を出した。

パソコンの前で批判だけしている人は、純粋に寄付をしている人を傷つけていることに気がつかなければいけない。
批判家たちは何かをしたか?
エアコンの効いた部屋で、「24時間テレビ?くだらない、あんな偽善番組、さっさと放送中止にしろよ」と文句を言ってるだけだ。

批判家たちに言わせると、24時間テレビに感動しているような人間は、愚民、B層、平和ボケ、頭の中お花畑、らしい。
しかし、私は思う。
もし彼らが理想とするような賢い国民ばかりになって、寄付金が1円も集まらなかったら?
そんな国は心底イヤだ。

今日のタイトル「やらない善よりやる偽善」について。

(ヤフー知恵袋より)

例えば、電車の中でお年寄りが座る席が無いので立っていたとします。
A君はこう思いました「かわいそうだなぁ。座れるといいのになぁ。こういう場合は席を譲ってあげるべきなんだろうなぁ」・・・そう思いながらも何の行動も起さないA君。
一方、B君はこう思いました。「ババアがつらい思いをしようが俺は知ったことじゃないが、ここで席を譲らなければ、俺は周りの人から冷たいやつだと思われるだろう。俺はいい人に見られたいので、しょうがないから席を譲ってやるか」・・・そうして席を譲るB君。
明らかにB君は偽善者です。しかしお年寄りにとっては、A君のような人ばかりが乗っている電車よりも、B君のような人ばかりが乗っている電車に乗り合わせてしまった方が助かります。

ここでいうA君は善なのだろうか?

ではもう一人C君というのを足してみよう。
C君はこう思いました「なんだこのババア、誰が席なんか譲ってやるもんか」・・・と何もしないC君。

心は優しいが行動できないA君と、悪意に満ちたC君は、お年寄りから見たら同じではないだろうか。
というわけで、「やらない善は、悪と同じ」つまり、「やらない善などない」が正解なのかもしれない。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
私は、最後のマラソンのゴールの辺りだけ見てただけで、途中のドキュメンタリーやらドラマはスルーでした。
募金の総額をが出た時、素直に、すごいなぁと思いました。

イベントに参加することで、仲間意識を持たせ、
気持ちを高揚させて行動に移させるのは、
ちょっとカルト教団の手法に似ているような気がしないでも無いですが、
良い目的のためならいいのかなぁ。

動機と結果が、相容れない場合、
悪意を持って行動したことが、結果的に相手を助けた、とか、
善意で起した行動…
例えば、帰り車に同乗して送って行ってあげたが途中でもらい事故を起して、
同乗者が怪我をしたとか、
人の意思とは違うところで働く力があるような気がします。

何が「善」で何が「悪」かというところも、難しいですが。

う~ん、にゅーめんさんのブログ、哲学的!
那由他 2012/09/01(Sat)09:13:26 編集
» 難しい
階段を重い荷物抱えて昇っている
年配の方に声掛けたら…

動揺したのか?「け…結構です。」って言われて
それからトラウマ状態で

中々声はかけられませんね。

電車の座席も若い頃譲ろうとしたら
「そんなに年じゃないわよ…」と言われたことも

中々難しいので寝たふりするのも仕方ないのかな(笑)
ポール森屋 2012/09/01(Sat)09:17:04 編集
» 善と悪
那由他さん、おはようございます!
私もほとんど見ておらず、途中何度か軽く見たのと、最後のほうを見ただけなのですが、募金金額はやはり凄いと思いました。

よく芸能人に払うギャラの分をそのまま寄付したほうがいい、という意見を見ますが、一般の人に伝えることが目的だと思うので、何も言わずに寄付というのは、ちょっと違うのかな、という気がします。
たしかに、皆で仲間意識をもって、感動を共有しようというあざとさみたいなのは感じますが。

ドミノとかマラソンとか、どういう意味があるのかな?とか思ってましたが、あれは、感動と苦労は背中合わせということを伝えたいのだろう、と解釈しています。

善意と悪意、その心がけは正反対のことですが、結果論だけを見れば、悪が善になり、善が悪になることもあるでしょう。
この辺は非常に難しい部分ですが、結果だけで人を判断してはいけない反面、世の中結果が全てみたいな部分もあるので、一概にはいえませんね。

日常の些細なことに疑問をもつと、その裏に哲学があったりしますよね。
それでネットで調べてみると、意外な言葉の裏があったり、勉強になることも多いです。
にゅーめん 2012/09/01(Sat)10:24:11 編集
» 伝わらない善意
ポールさん、おはようございます!
自分の善意が人に伝わらない、これは悲しいことですよね。
自分が良かれと思ってやっているのに、その人が変に片意地はってたり、人を警戒しすぎてたりすると、伝わりません。
で、そういう人に遭遇してしまうと、善意ある行動はしにくくなります。

今の社会において、善意が全て善意として受け入れられるほど成熟していないのでしょう。
やはり社会の中には、まだまだ悪がはびこっていて、騙そう、詐欺をしよう、人の善意に付け込もう、という人がいるのが現実ですよね。
それは、テレビで呼びかけたり、警察が取り締まっても、なくなることはないでしょう。
あと100年くらいして、全国民の民度が上がり、社会的不安もなくなり、理想的な世の中になればいいのかもしれませんが、現実離れしています。

自分が老人、あるいは周りから老人と思われるようになって、人から座席を譲られたら、素直にその人の善意は受け止めたいものですね。
にゅーめん 2012/09/01(Sat)10:32:42 編集
» 激しく同意!
ウソかホントか、24時間テレビ伝説。
第1回の司会者に、当時爆発的人気を誇っていた萩本欽一氏にオファーした際、かなりのギャラを提示したにもかかわらず、欽ちゃんはそれを拒否、もっと高くと要求、何度かやりとりして、当時としては破格のギャラで引き受けた欽ちゃんは、それを全額寄付して、ノーギャラでメイン司会を務めたのでした。そーゆー善意の為の番組なら、見返りを求めず、まず、TV会社が率先して身を切りなさいとゆう皮肉もあったかもしれませんが、ほんとだったらすごいですね。

結果、困っている人が助かるなら“善”でいいですよね。
kenken 2012/09/01(Sat)20:14:13 編集
» 福祉とは…
ありますね…
24時間テレビは偽善だから嫌いとか、お涙頂戴な感じが許せないとか、アンチも多いですが、ハンデをもった人も健常者の人も一緒になって様々なことに挑戦する。
それって何より素晴らしいことなんじゃないか!
と私は思います。
人の感性によるでしょうけど、感動や勇気を貰える人は多いでしょうし、募金のことも裏を考えればキリないですよね…。
それでも、いいんじゃないかと思います。
私は、アンチの人に対してもっとストレートにとったらって思ったりします。
カイン 2012/09/01(Sat)21:37:20 編集
» 立派な人
kenkenさん、おはようございます!
欽ちゃんにそういう裏話があるんですね。
あの人なら本当にやったかもしれません。
テレビもスポンサーがあって、多くのスタッフをかかえて、視聴率も気にしなければいけないので、あまりに奇麗事ばかりではすみません。
それで、そのなかから寄付金を抽出して募金にまわすわけですが、いちおう億の金が動いているので、立派なものだと思います。

理想をいえば、24時間テレビに出演する芸能人は、ノーギャラが基本でしょうね。
ただ、ボランティアや寄付は強制では意味がありませんし、本人はノーギャラでいいと思っていても、事務所側の大人の事情なんかもあるでしょうから、難しいところだと思います。
とくに売れてない芸能人なんかは、本人の意思とは別に、事務所的にお金の稼ぎ時かもしれません。
たとえ、その後、その芸能人が個人的に寄付したとしても、「寄付しました」みたいな報道をすると、やはり売名行為とか言われちゃうんでしょうね。
かといって報道がないと、「あいつはボランティアのフリしてしっかりギャラをもらってるんだ」とか言われちゃうだろうし。
にゅーめん 2012/09/02(Sun)08:21:39 編集
» アンチ
カインさん、おはようございます!
だいたいアンチの人は、世の中のことがわかったつもりになって、上から目線で言いたいこと言ってるんですよね。
とくにネットの時代になってからその傾向は強いと思います。

よく、コンビニなんかに世の中の裏事情とか、決してマスコミが発表しない真実とか、その手の雑誌が売られています。
おそらく、そういう雑誌に影響され、ネットで自分に都合のいい情報だけ信じて、「お前らは何も知らないだろうから、教えてやるよ」みたいな人、増えてきました。
それで「マスゴミのいうことは全部ウソ」とか、厨二病みたいなこと言っちゃうんです。

なんだかんだいっても、24時間テレビはこの先も続くでしょう。
そのたびに批判が出るとは思いますが、それで助かっている人もいる限り続けるんじゃないでしょうか。

ただ、募金がどのように使われて、どう役に立ったかの発表は欲しいですね。
東北の地震のときもかなりの寄付があったと思うのですが、けっこうその行き先が怪しい噂もあります。
(わざとネガティブな噂を流している人もいるかもしれませんが)
にゅーめん 2012/09/02(Sun)08:32:50 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[12/18 Blealgagors]
[12/17 BisiomoLofs]
[12/16 Looporwaply]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]