忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第43回名盤シリーズ
今回はブルース・スプリングスティーン大ヒット作「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」
(1984年作品)



ブルース・スプリングスティーンの80年代における大ヒットアルバムで、今なおアメリカでは絶大なる人気を誇る人である。
タフで豪快なアメリカン・ロックと繊細でやさしいフォーク・ロックな部分があり、とくにメロディ・ラインは親しみやすく、とっつき易いサウンドと言える。
また歌詞の世界も独特で素晴らしいものがあるそうだが、英語の読解力が未熟な私はそこまで聞き取ることが出来ない。

全曲が良い曲で、どれもストレートなロック・サウンドだ。
いわゆる「ひねった曲」とか「小難しい曲」というのはなく、どれも1回聴いて「いい曲だな」と思えるものばかりである。
同時期のビリー・ジョエルの「イノセント・マン」と並んで、全曲聴きやすく捨て曲のないアルバムだ。

当時私はこのアルバムを聴きながら、リズム・ギターの練習をよくやったのを思い出す。
どの曲もノリ易いリズムで、カッティングの練習に最適だったのだ。

このアルバムの代表曲の一つと言えるのが「ボーン・イン・ザ・USA」。
力強く、単純とも言える明確なメロディ・ライン、アメリカ人であることを強調する歌詞。
この曲がこのアルバムを象徴してるような気がする。
ただ、一説ではこの曲は戦争の帰還兵や、共産主義との対立のむなしさを歌ってるとも言われる。
曲の出来でいえば他の曲のほうが良いと思うのだが。

たとえば「ダンシング・イン・ザ・ダーク」。
明るくポップなロックンロールだが、どこか哀愁漂う傑曲だ。
歯切れの良いリズムで、親しみやすいメロディーラインが特徴である。
たしかこの曲はシングルで、全米で大ヒットしたと思う。
この曲のプロモは、客席のファンの女の子がブルースに手を差し出されてステージに上げられ、一緒に踊るという素敵なものだった。

このアルバムの最後は「マイ・ホーム・タウン」。
ちょっぴり切ない曲だ。
元気な曲の多いアルバムだが、最後はしっとりじっくりと聞かせてくれる。
なんか計算しすぎともとれるアルバム構成だが、よく出来てると思う。

このアルバム発表後、ワールドツアーを行い、来日もしたそうだ。
ブルースのライブは長時間だという定説があり、現在もそれは継続されてるようである。
平気で4時間とかやるらしい。
とくに彼がE・ストリート・バンドをバックに従えたときは、人気、ライブパフォーマンス共にスゴイといわれる。
典型的なアメリカン・タフ・ガイだ。


名盤100選へ戻る
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[12/18 Blealgagors]
[12/17 BisiomoLofs]
[12/16 Looporwaply]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]