忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第93回名盤シリーズ
グラムロックの名盤、デビッド・ボウイの「ジギー・スターダスト」。
(1972年作品)

最初に断っとくと、私はデビッド・ボウイは好きではなかった。
人気アーティストであり、何度も来日してるし、私の周りにもファンはいたが、自分の好みではなかったのだ。
その最大の理由が、80年代に発表されたアルバム「レッツ・ダンス」が全く好みに合わなかったこと、次に当時の来日公演の模様がテレビでオンエアされたのを見て1曲も良いと思える曲がなかったからだ。
音楽の好みは千差万別なので、いくら有名で人気があっても好きじゃない、それは別に問題のないことだといえよう。

そんな私が再びデビッド・ボウイを聴いてみようと思ったのは、2000年のキング・クリムゾンの来日で「ヒーローズ」のカバーが演奏されたのがきっかけだ。
このクリムゾン版「ヒーローズ」はけっこう気に入った。
この1曲は私がデビッド・ボウイを見直すきっかけとなり、名盤といわれるこの「ジギー・スターダスト」を聴いて「デビッド・ボウイはなかなか良いかもしれない」と思うにいたる。
私は過去の偉大なアルバムを聴くかたわら、今現在の新譜も聴くので、なかなか一人のアーティストをじっくり掘り下げて聴く時間がないのが現実だが、デビッド・ボウイもこのアルバムしか聴いていない。

というわけで、このアルバムだが、1曲目のイントロからスッと自分の心の扉を開けてくれた。
安心して聴けるアルバム、どの曲もメロディアスで、ポップでありながらロックしていて、それが個性的なアレンジで演奏されている。
コンセプト・アルバムらしいが、それについてはよくわからない。
なんか宇宙人がどうとか、地球の危機がどうとか、とりあえずそういうのはどうでもいい。
とくに1曲目「Five Years」と本編最後の「Rock’nRollSucide」がいい曲だと思うのだ。
最初と最後の曲がいいと、どうしてもアルバム全体の印象がよくなり、他の曲も自然と好きになっていった。
今度時間のあるときに、歌詞をじっくり読みながらアルバムを通して聴くと、また新しい発見があるかもしれない。

私の持ってるCDは本編のあとにボートラが入ってるのだが、レコード通りに「Rock’nRollSucide」で終了したほうがいいと思う。
それとグラム・ロックって何かイマイチよくわからないのだが、T-レックスとサウンドに共通点があるような気がする。
ただそれが何なのか、説明する言葉を持たないのだが。 





名盤100選へ戻る

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 文句なし名盤
僕はへそ曲がりの傾向があるので(笑)、
世間で名盤とあがめ奉られているアルバムだと、
疑ってかかるのですが(笑)、
『ジギー・スターダスト』は、文句なしの名盤と思います。
正に一家に一枚、つべこべ言わずに聴け、ってなアルバムですね。

>80年代に発表されたアルバム「レッツ・ダンス」が全く好みに合わなかったこと
おや、それは残念。僕は、このアルバムも好きです。
もちろん、この頃既に『ジギー』は聴いてましたけど。

>どの曲もメロディアスで、ポップでありながらロックしていて、それが個性的なアレンジで演奏されています
個人的には、「月世界の白昼夢」から「スターマン」の流れが好きです。
あと「レディ・スターダスト」、これははずせません。

>レコード通りに「Rock’nRollSucide」で終了したほうがいいと思います。
ボートラは、ない方がいいケースがほとんどですね。
特に、リミックスとか12インチバージョンとか、あまり必要ないと思ってます。
けど、僕の持ってる『ジギー』のCDには、「ジョン、アイム・オンリー・ダンシング」が収録されてまして、
この曲も非常に好きなので、重宝する時もあります。
難しいです(笑)

デビッド・ボウイは、音楽以上に、斬新なコンセプトやビジュアルで話題を作り、
それをセールスや評価に結びつけましたけれど、
実は、とても優れたソングライターだと思います。
この『ジギー』にしても、曲が良く音楽的に優れているからこそ、
コンセプトと合わせ高い評価を受けているのです。
大切なことは、良い曲を作ること、これが全てですね。
MFCオーナー URL 2009/06/03(Wed)22:44:27 編集
» 今聴けば・・・
MFCオーナーさん、おはようございます!
さすがお詳しいですね。
「レッツ・ダンス」を聴いて「これは好みじゃないなあ」と感じたのは20年以上前のことなので、今聴けば感じかたが違うかもしれません。
少しでも良さがわかるといいのですが。

「月世界の白昼夢」「スターマン」の2曲は、とくにソング・ライターとしての力量が伺える曲ですね。
「スター・マン」のコード進行なんてとても斬新で凡人には思いつかないようなものです。
「レディ・スターダスト」はこのアルバムを代表する曲ですよね。

私は、たとえば新譜のボートラ(日本盤だけ限定とか)もたいてい駄曲なので必要ないと思ってます。
過去の名盤とかだとヴァージョン違いとかリミックスとかが多いですね。
あと当時のシングルのB面の曲とかライブ・ヴァージョンとか。
たしかにお得ではありますが、再発CDを買わせるための戦略である場合がほとんどでしょうね。
にゅーめん 2009/06/04(Thu)06:28:21 編集
» レッツ・ダンス
アルバムは聴いてませんが、MTVでよく流れてましたね、レッツ・ダンス。嫌いでした。

中学生の頃にテレビで流れていたボウイのPVはカッコ良かったのに。

レッツ・ダンス以来、どうでも良かったデヴィッド・ボウイですが、頻繁に行われるクイーンセッションで、嫌となるほど聴く機会がありました。アンダー・プレッシャーです。やる度に私がギター担当になり、コード忘れるので毎回聴くのですが、去年、ふと、デヴィッド・ボウイの歌の部分ええやん、と思うようになりました。レッツ・ダンスもバカっぽいPV見てなければ、もうちょっと好きになったかもしれません(笑)
忍者 2009/06/05(Fri)00:21:33 編集
» 何度も聴けば
忍者さん、おはようございます!
お、忍者さんは「レッツ・ダンス」お嫌いでしたか。
私もです。
でも、それでも何度も聴く、何年も聴く、自分で演奏する、などしていると、好きとか嫌いとかを超えてしまうのもまた事実ですね。
私もストーンズの「サティスファクション」とか全然いい曲だと思ってませんでしたが、いつの間にかこれはこれでいいと思うようになりました。

「レッツ・ダンス」のPVってどんなのだっけ?
この頃はMTV全盛期の頃なので、中には今見ると恥ずかしいものも多かったですね。
にゅーめん 2009/06/05(Fri)06:36:25 編集
» グラム・ロック
イメージははでなメークです。
70年代始めの頃はメークするのは珍しかったと思います。
アリス・クーパーやニューヨーク・ドールズがちょっとお気に入りでした。
れい 2009/06/05(Fri)07:33:20 編集
» 派手な化粧
れいさん、こんばんは!
グラムロックはメークのイメージ、たしかに私もそんなように思います。
デヴィッド・ボウイも変な化粧してたし、アリス・クーパーやニューヨーク・ドールズもそのようですね。

70年代初期といえばハードロックやプログレッシブロックなど、どちらかというと男性的でハードな音楽の人気が高かったようなイメージがありますが、そんななか化粧をして派手なイメージのロッカーは珍しかったのでしょうね。
にゅーめん 2009/06/05(Fri)20:55:58 編集
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[12/18 Blealgagors]
[12/17 BisiomoLofs]
[12/16 Looporwaply]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]