忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回、ロブがジューダスに復帰したときのライブは名古屋で見ました。
往年の名曲の数々に大感激したライブで、声が出ないと言われてたロブも絶好調でハイトーン・スクリームを決めてくれました。

今年は超大作「ノストラダムス」を発表し、益々盛り上がりを見せるジューダスの面々ですが、再び日本に上陸したのです。
今回は週末を狙って金曜日の大阪フェスティバルホールでのライブを見にいくことにしたのでした。

ここのホールへ来るのは初めてだったのですが、音響が良いとのことなので期待が高まります。
席は1階の後ろのほう、でも席に着くとけっこうステージがよく見えるので安心しました。
AC/DCのBGMが流れるなか、客席がどんどん埋まっていき、少なくとも私の視界にはいる部分は満席でした。

今回のセットリストは、絶対に外せない曲(「Breaking the Law」とか「Hell Bent For Leather」とか)を除いて、微妙に王道から外れる曲が多かったと思います。
前回が王道中の王道なグレイテスト・ヒッツ・ライブだったわけですが、マニアになればなるほど違った曲が聴きたいもの。
とくに「Dissident Aggressor 」は珍しかったと思います。
そして今回の目玉はなんといっても初期の名曲「Sinner」を演ったことでしょう。
プログレ的な展開を見せる大作なのですが、ロブの超人的なハイトーンは健在で、鳥肌が立つほど凄かったです。

またジューダスのライブの楽しさは、会場がいったいになって歌う場面が多いというのもあると思います。
バンドと観客が一つの塊になり、拳を振り上げ歌う様は、第3者から見たら狂人のようかもしれません。
そしてロブの掛け声にあわせて雄たけびをあげる様は、一種の宗教儀式のような光景ですが、それだけバンドとファンの結束は固いのでした。

けっこうな高齢になってるにもかかわらず、一糸乱れぬ演奏をするバンド、音響の良さもあり、極端に言えば良くできたライブ・アルバムのような確実さ。
そんなバンドに支えられ見事に復活したロブ・ハルフォード、まだまだ彼らは前進を続けて、また再来日してくれることでしょう。

01. Intro: Dawn of Creation
02. Prophecy
03. Metal Gods
04. Eat Me Alive
05. Between the Hammer And The Anvil
06. Devil's Child
07. Breaking the Law
08. Hell Patrol
09. Death
10. Dissident Aggressor
11. Angel
12. The Hellion / Electric Eye
13. Rock Hard, Ride Free
14. Sinner
15. Painkiller
---------------
16. Hell Bent For Leather
17. The Green Manalishi (With the Two-Pronged Crown)
18. You've Got Another Thing Coming
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
ワイにはちと選曲が厳しいかも?
またヒッツlive期待です。
ポール森屋 2008/09/29(Mon)22:02:27 編集
» 選曲
ポールさん、こんばんは!
そうなんですよね~
前回やった「EXCITER」「THE RIPPER」「DIAMONDS AND RUST」「VICTIM OF CHANGES」はありませんでした。
やれば必ず盛り上がると思うんですけどね。
初期の曲では、やはり「Sinner」が嬉しかったです。
この曲のノリって前半はロックンロールっぽいですよね、これがライブだとスッゴク盛り上がってサビでは会場全員で「シナー!シナー!」って叫ぶんですよ。

今回のライブの好調ぶりを見てると、また2~3年後に来日すると思います。
次回は是非一緒に行きましょう!
にゅーめん 2008/09/29(Mon)22:22:20 編集
» 無題
26日も好調だったのですね〜〜〜!!
ほんとに演奏はアルバムかと思うような一糸乱れぬという感じでした。さすがに長年共にしたバンドだけありますね。
私がいた後の席からは拳を振り上げ。。。という光景が目の前で繰り広げられたわけですが、確かに儀式のようでした。でも、とてもバンドと客席、そして客席同士に一体感を感じましたね〜。それにセットや衣装、小道具もとても凝ったステージでしたよね。

ただ一つ気になったのは、一曲ごとにメンバーが全員引っ込んでしまい、その間がちょっと長いかな〜〜〜ということです。
曲が終わって100%盛り上がったのに、間があくことで90%までテンションが下がり、
メンバーの登場でまた100%に盛り上がるといった感じでしょうか。これは一日目だけだったのかな〜。
と、あくまでも後方から見ていた個人的な意見ではありますが。

でも、それ以外は完璧っていうくらいのステージだったのではないでしょうか。
おすぎ 2008/09/30(Tue)00:04:23 編集
» うまいね!
おすぎさん、こんばんは!
二重投稿になってたようなので一つは削除しました。
ジューダスの演奏の上手さってほとんど話題になることないのですが、バンド経験者から見ると、これって実は凄いことですよね~。
グレン・ティプトンなんて、ギタリストとしてどれだけ評価されてるのかわかりませんが、かなりのレベルだと思います。

私が見たときは、曲が終わって引っ込むときもあったけど、とくに気にはなりませんでした。
たしかに盛り上がってるときに一旦電気が消えて、冷めちゃうのはもったいないですよね。
まぁ、彼らもけっこうな年なので、少々の休憩も必要なのかもね(笑)
にゅーめん 2008/09/30(Tue)21:09:45 編集
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]