忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イアン・ギラン脱退後、次にサバスに加入したのは、またもや元ディープ・パープルのグレン・ヒューズでした。

ギランが脱退して、ニュー・シンガーを探していたアイオミ。
とりあえず「ライブ・エイド」参加のため、一時的なオリジナル・サバスの再結成を経て、空中分解してしまいます。
そこで、アイオミはソロ・アルバムを作ることにしたのでした。
若手の実力ミュージシャンを集めます。
この頃、プライベートで付き合いしていたのが、元ランナウェイズのリタ・フォード。
彼女のバック・バンドにいたエリック・シンガー(現キッス)も、アイオミのソロ・プロジェクトを助ける一人でした。

その頃グレン・ヒューズはホワイトスネイクを脱退したメル・ギャレーとトラピーズ再結成を模索していたのですが、デイブ・ホーランド(ジューダス・プリースト)の代わりに一緒にやるはずだったコージー・パウエルがEL&パウエルに行ってしまって、宙に浮いていたのでした。
その後ゲイリー・ムーアの作品に参加するもうまくいかなかったようで、そんな彼にアイオミは目を付けたのでした。

そして完成したこのアルバム、これがレコード会社側からブラック・サバス名義で発表することを命じられます。
そのため、「ブラック・サバス・フィーチャーリング・トニー・アイオミ」という奇妙な表記になっているのでした。

元々サバスのアルバムとして作られていないので、それまでのアルバム、とくに前作「ボーン・アゲイン」とはかけ離れたサウンドになっています。
もちろん全てのサバスの作品に大きく関わっているアイオミなので、全然違うわけではありませんが、ヘヴィでドゥームなイメージの少ないアルバムです。
しかし作品としての出来は素晴らしく、個人的にグレン・ヒューズ参加作品の中ではパープルの「カム・テイスト・ザ・バンド」に匹敵する傑作アルバムだと思います。
(さらに余談ですが、パープルの作品では「カム・~」が一番好きだったりします)

このアルバムの表題曲になっている「セブンス・スター」、この曲がアルバム中最もサバスらしい重い曲ですが、グレンのソウルフルなボーカルが見事にマッチしています。
アイオミのヘヴィなリフ、これは彼の専売特許みたいなもので、さすが名リフ・メイカーです。
この曲でのギター・ソロも渋くて、とても味わい深くセンス溢れるものです。
また、若手ミュージシャンによるヘヴィなリズム、とくにエリック・シンガーのドラムがとてもよいと思います。

8曲目「アングリー・ハート」で聴けるグレンの歌メロに、一時参加したゲイリー・ムーアの影響が見られるのはちょっと面白いと思います。
アルバムの最後はバラード・ナンバー「イン・メモリー…」。
LAメタルにあるような臭メロバラードではなく、現代のゴシック・メタルに通じるような暗くて美しい曲に仕上がってます。

この後、レコーディング・メンバーがそのまま新生サバスとしてツアーに出ますが、ドラッグやアルコールの問題でボロボロだったグレンはまともに歌える状態ではなかったのでした。
(つづく)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
ヘブン&ヘルだけしか聴いていないあたしは参加しづらかったのですが、エリシンの動向なんて書いてあると、ここからKISSへの流れに想像をめぐらしてしまい、なんだか嬉しくなります(笑)

>臭メロバラード
いやいや、大好きなんですよねぇ・・・。

最近、寝る前に『オジー・オズボーン』の伝記翻訳本を読んでます。ええっ、2ページでよく眠れます( ̄ー ̄)
car2ya URL 2007/05/15(Tue)22:25:24 編集
» エリック
car2yaさん、こんばんは♪
おそらく大半の人は「ヘヴン&ヘル」しか聴いてないと思うので、全然問題なしですよ

エリシンの足跡は、私の知ってるところじゃ、
リタ・フォード・バンド→ブラック・サバス→ゲイリー・ムーア・バンド→バッドランズ→キッス
だと思います。
歴代キッスのメンバーではもっとも輝かしい歴史ですね。

オジーの伝記?
ということはサバスのデビューからソロ、ランディの死とかが詳しく載ってるのでしょうか?
にゅーめん 2007/05/15(Tue)22:51:03 編集
» 無題
>オジーの伝記?
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d56334068

丁度、オークションに出品されてました。『希望落札価格: 10,000 円 』と、驚きの価格ですが・・・(笑) 我が家のはもっとボロボロです。翻訳本ですから、読みづらい。目新しい事が書かれているわけではないのですが、オジーの生立ちから月に吼える頃までのストーリーです。

>ランディの死とかが詳しく
シャロンの視点から書かれてますが、何処かの雑誌でも載った内容で衝撃の真実!ってほどでもないです。
『何故か飛行機に乗せられて、小屋に激突で即死・・・』『パイロットは、クスリをやっていたかも?』・・・な、内容です。
car2ya URL 2007/05/15(Tue)23:13:04 編集
» オジー
car2yaさん、こんばんは♪
え、10000円?
高っ!
いくらオフィシャル伝記でも、その値段はないでしょう
内容は雑誌とかで詳しいファンなら皆知ってるっていうような内容だとちょっと寂しいですね。
しかも翻訳本だと読み辛いかもね。

ランディについては、ルディ・サーゾの本のほうが、いろいろと面白そうです。
本屋で立ち読みしてみようかな
にゅーめん 2007/05/16(Wed)20:43:59 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[12/18 Blealgagors]
[12/17 BisiomoLofs]
[12/16 Looporwaply]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]