忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スタジオ・アルバム2枚とライブ・アルバム1枚を残してロニーが脱退します。
で、次に加入したのが、またもや大物シンガー、イアン・ギランです。

当時、自身のバンド「ギラン」で活動し、成功を収めていたイアン・ギランですが、ディープ・パープル再結成の話に乗ってあっさりギランを解散させます。
しかし、パープルの方は、他のメンバーの都合がつかずに再結成話が流れてしまいます。
突然ヒマになったギランに声をかけたのが、シンガーを探していたアイオミだったのです。

一般的に失敗作とか、ミスマッチだと言われるギラン・サバス。
前作のロニー・サバスが見事にロニーの持ち味を引き出していたため、次のギラン・サバスにはギランの持ち味を期待します。
ここでいうギランの持ち味とは?
人々が勝手にイメージするギランはディープ・パープルのギランなのでしょう。
しかし、ご存知のようにパープルはリッチー・ブラックモアやジョン・ロードの色が強く、パープルサウンド=ギランではないのでは?

そして出来上がったサウンドは、サバスらしさ満点の、おどろおどろしい、ヘヴィでスローでダークなサウンドだったのです。
全然、パープルっぽくない。
当たり前です、これはサバスのアルバムなんだから。
ギランにパープル色を期待するほうが間違ってるんではないでしょうか?
人々の勝手なイメージが一人歩きしてしまい、まっとうな評価を受けることが出来なかったアルバムといえます。
(因みに、彼のバンド「ギラン」も日本では正当に評価されてるとは言い難いでしょう。最近になりようやくCDが再発されました)

もう一つ、このアルバムの評価が低い理由に「時代に合わなかった」というのがあると思います。
時は80年代、華やかな産業ロックやLAメタル全盛の頃に、このダークでヘヴィなサウンドは完全に異色でした。
これが90年代以降に発表されたら、評価はずいぶん違ったものになったでしょう。

私はこのアルバムは、ギランの魅力が100パーセント発揮されていると思います。
リズム感あるノリのいいボーカルも聴けるし、ハイトーンの絶叫も聴けるし、情感たっぷりのボーカルも聴けます。
80年代以降のアルバムでは、もっともヘヴィな内容で、私はこのアルバムがロニー時代以上に大好きです。

アルバム発表後ツアーに出ます。
このアルバムからの曲はともかく、オジーやロニーの曲は声域が合わないため、苦しいライブ・パフォーマンスになりました。
やむなく、ギランの持ち歌である「スモーク・オン・ザ・ウォーター」まで演奏してごまかし続けましたが、ツアー終了と同時に脱退します。
そして、ディープ・パープル再結成が本格的に始動したのでした。
(つづく)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» すばらP
このあたりは、自分に取っては未知の世界(汗)。
勉強になります(笑)。

にゅ~めんさんは、本当に詳しいと思う。
我輩も、マックくらいはこの程度に説明したいものだが(汗)。
りんじぃ URL 2007/05/14(Mon)23:34:56 編集
» それほどでは…
りんじぃさん、こんばんは♪
>すばらP
こ、これは、あの伝説のノ○ピー語ですか?

実は80年代におけるハード・ロック、ヘヴィ・メタル・シーンというのはちょっと苦手だったりします。
とくにBURRN!誌が創刊される頃には、すっかり嫌気が差して、洋楽そのものから遠ざかってしまいました。
その後は邦楽を中心に、ユーロ・ビートとかも聴いてました。

で、ブラック・サバスとキッスだけは例外だったりするのですが、21世紀になってから仕入れた知識のほうが多かったりします。

りんじぃさんのマックの記事も歴史をたどっていてとても勉強になりましたよ
にゅーめん 2007/05/15(Tue)21:41:39 編集
» ギラン!
にゅーめんさん、こんにちは。
ギランの歌声を初めて聴いたときは衝撃でした。
まさに私の好み、ど真ん中なんですよね~。

ギランの評価は低い、全くその通りでした(>_<)
バンド「ギラン」のアルバムを買う私に友人からは
かなり批判を受けたものです。もったいない、って。
そっか、やっぱライブは厳しかったかぁ~~^_^;

迫害にもめげず聴き続け、現在も携帯着うたは
ギランとサトリアーニのスピードキングなんですよ。
いいんです、好きなんだから(^_^)v
ぱめ URL 2007/05/16(Wed)09:50:45 編集
» ギラン(バンド)
ぱめさん、こんばんは♪
日本でのギラン(バンド)は低評価を通り越して、話題にすらなりませんね。
しかし、人が買うレコードにケチつけなくても…

私がもってるギラン時代のサバスのライブ・ブートでは、ロニーの曲(ヘブン&ヘルとか)が全然歌えてません。
ギランってハイトーン・ボーカリストのイメージがありますが、私は中低音のボーカリストのような気がします。

先月、ようやくギランのCDが再発されたので、早速「グローリー・ロード」を注文しました。
たぶん、あと3日で届くと思います
にゅーめん 2007/05/16(Wed)20:55:41 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[12/18 Blealgagors]
[12/17 BisiomoLofs]
[12/16 Looporwaply]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]