忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いきものがかりのギタリストさんが8000万円のギターを買ったという噂がネット界で広がってるようです。
8000万円…。
実際にはそれは冗談で言っただけで、本当は100万円もしなかったようですが、ジョン・メイヤーが使っていたギターを手に入れたらしいです。

私はこういうプレミア物って興味ないです。
だいたい定価より値段の高いものを買う気が知れない。
なぜプレミアがつくのか?
それは有名人が使っていたり、すでに生産が中止されているなどにより、希少価値がついてしまうからなのですが、たいていの場合、マニア以外にはどうでもいいものでしょう。

普通に社会生活をするものにとって「手に入らないものは、手に入らなくてもいいもの」だと思います。
生活に欠かせない食材や、衣服類などはいつでも手に入ります。
でもプレミアがつくような希少価値品なんて必要不可欠ではないものばかりでしょう。

もし、私の好きなマイケル・シェンカーやエース・フレイリーが自分のギターをオークションなどで売り出していて、それが手に届きそうな値段であっても買おうとは思いません。

タダでくれるならもらうけどさ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
私もプレミアものはあまり興味ないです。
そんな高価なものを買う余裕がないっていうことも多々ありますが(汗)

>タダでくれるならもらうけどさ。

マイケルのギター、ただなら当然もらうけど、宝のもちぐされですわ(涙)
おすぎ 2010/01/24(Sun)13:51:04 編集
» 自己満足
おすぎさん、こんにちは!
プレミアって結局は自己満足ですよね。
それに限らず、趣味的なことはたいていなんでも自己満足なのですが、お金で解決する自己満足はちょっとサビシイかな、とも思うわけです。
同じ自己満足なら、ギターの腕が上達するとか歌が上手くなるとかのほうが満足度はずっと高いでしょう。

マイケルのギター、もしもらえるとすれば昔のMSGで使ってた白黒のギブソンがいいのですが、実はそんなに欲しくはない自分がいます。
なぜなら、それはマイケルのギターであり、自分が手に入れても自分のギターにはならない気がするから。
自分が育てるっていうのかな?自分が弾き込んできたギターの方がよりマイギターな感じがするんですよね。
それと、そういうギターや高価すぎるギターって、結局はもったいなくてあまり弾かない気がするんですよ。
貧乏性ゆえかも知れませんが、やはりギターは弾いてなんぼ、だと思うのです。
ということで、自分には今のトーカイ・ストラトと、2万1000円のモーリスが身の丈に合ってるようです。
にゅーめん 2010/01/24(Sun)18:00:05 編集
» 無題
昔、楽器屋で59年と、現行ヒストリックのレスポールを試奏させてくれました。確かに違った!現行物80万円、59年物650万円(今なら3000万円オーバーとか)確かにヴィンテージがいいのですが、果たしてその価格の価値があるのかと思うと疑問ですね。金が腐るほどある人は買えばいいって世界ですね。

昔はモノラルのラジカセで一生懸命音楽聞いてました。今は機器も発達して、リマスターだの何だの出ていますが、音楽の感動と言うのは、ラジカセでも一緒でしたね。

でも、やっぱり真空管がいいに違いない!なんて、エフェクター作ろうと思ったりしてます(爆)
忍者 2010/01/27(Wed)12:47:47 編集
» ヴィンテージ
忍者さん、こんばんは!
59年のレスポールといえば、ジミーペイジが使ってた名器中の名器じゃないですか。
すごいなぁ、実際に弾いてみたなんて!
そうか、やっぱり違うんですね、それがわかる忍者さんも凄いと思うけど。
よくテレビで、数億円のヴァイオリンと数万円のヴァイオリンの音の違いを当てるクイズとかありますが、けっこう間違える人も多いようです。

そうそう、中学生の時に聴いたラジカセから流れる音楽にどれだけ感動したことか!
今思うと、低音なんて全然なくてしょぼい音だったと思うんだけど、高価なオーディオセットで聴くのと感動はかわりませんよね。

真空管アンプ、学生時代に友人がよくわからないメーカーの真空管のギターアンプを使ってましたが、夏になるとアンプの後ろから扇風機で冷却しなきゃいけない代物でした。
音は、、、、普通だったと思います(笑)
にゅーめん 2010/01/27(Wed)20:59:48 編集
» 違いのわかる男
>やっぱり違うんですね、それがわかる忍者さんも凄いと思うけど。
はっはっは〜!実は、最初に59年を弾いて「へ〜、結構普通やね」という感想を述べたのです。すると店主が、現行ヒストリックを出してくれて、それを弾くと「新しいギターの音」とでも言うんでしょうか。ちょっとキツい感じの、元気な音でした。要するに、59年は枯れたと言うか、落ち着いた感じだったんですね。でも、弾き比べてみないと、絶対わかりません。好みの問題レベルですね。それに、どっちがどっちと言うことを伏せて試奏したら、違った結果だったかも。

ただ、鳴りという点では、圧倒的に59年の方がありました。1音弾いただけで、店の壁や窓が共鳴したのは、ホントに驚きましたね。でも、それはよくメンテをして、弾き込んで育てた楽器なら、造りの良い物ならそのくらいの音は出してくれそうな気もします。
忍者 2010/01/28(Thu)11:25:24 編集
» ヴィンテージ
忍者さん、こんばんは!
以前、59年式レスポールはなぜ素晴らしいのか、みたいなのをギター雑誌で読んだことがあったのですが、もう忘れました。
59年といえば私が生まれる前なので、かなり古いわけですが、ずっと放置してあったのでは楽器が死んでしまうでしょうね。
やはり忍者さんが仰られるように、しっかり手入れをして弾きこんできたものだからこそでしょう。

ただエレキギターの場合、アコースティック楽器と違い、アンプやエフェクターによっても音色が大きく左右されるので、素人には違いはわかりにくいでしょう。
にゅーめん 2010/01/28(Thu)21:09:35 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[12/18 Blealgagors]
[12/17 BisiomoLofs]
[12/16 Looporwaply]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]