忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イエスの新譜の発売と平行して、キング・クリムゾンのプロジェクトが新譜を発表しました。
ア・スケアシティ・オブ・ミラクルズ」



キング・クリムゾン本体ではなく、あくまでもプロジェクトです。
ただ、ロバート・フリップさえいれば、それはもうクリムゾンである、ともいえるので、解釈の仕方によっては、クリムゾンの新譜だといっても大きな間違いではないでしょう。

メンバー:
ロバート・フリップ(サウンドスケープ)
メル・コリンズ(サックス)
ジャコ・ジャクジク(ギター、ボーカル)
トニー・レヴィン(ベース、スティック)
ケヴィン・ハリソン(ドラム)

これを見て気がつくのは、エイドリアン・ブリューがいないことと、メル・コリンズが参加していることです。
他、パット・マステロットもいません。
これはメンバー・チェンジなのか、あくまでもクリムゾン本体とは別という位置づけなのか?
まずは聴いてみましょう。




クリムゾンといえば、これは紛れもないクリムゾンの音です。
幻想的なサウンド・スケープ、流れるようなスティック、そしてサックスが入ってくると、アイランド期のクリムゾンを彷彿させる情緒的雰囲気になります。
ただ、今回、ハードな曲が1曲もなく、大人しい印象。
まさにクリムゾン流AOR!
あれほどヌーヴォ・メタルだとか言ってたのに、もうやめたのかな?

おそらく、ハードなのは、近いうちに出るであろう、クリムゾン本体の新譜にとってあるのでしょう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» (∩´∀`)∩オォ♪
こりゃいいわ♪うふふっ(*゜v゜*)(←聴いたらしい。笑)
早速注文しよっと!

情報ありがとっ!!
ジャスミン 2011/07/06(Wed)21:48:13 編集
» やっぱりフリップ
ジャスミンさん、こんばんは!
今回のクリムゾンプロジェクト、私も最近までノーチェックでしたが、イエスの新譜の評価を探してて知りました。
最初は「デセプション・オブ・スラッシュ」っぽいなと感じましたが、メルのサックスが入ってくると、「アイランド」の頃に通じるものがあるな、と感じるようになりました。

今回のはフリップの存在感が薄いのですが、それでもクリムゾン風味が感じられるのは、ある意味凄いなって思います。

そういえば、ジョン・ウェットンもソロアルバムでるみたいです。
にゅーめん 2011/07/06(Wed)23:09:55 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]