忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ノーメイク時代のキッスを支えたミュージシャンたち

第3回ブルース・キューリックと「クレイジー・ナイト」



前任ギタリストが奇病のため、代替ギタリストとしてステージに立ったブルース・キューリックが、そのまま新ギタリストになる。
アルバム「アサイラム」発表後、ツアーも行い、それなりに反響を得るのだが、70年代の黄金期の勢いには程遠く、再びKISSは迷いはじめる。

そのままメタル路線を突き進むのかと思いきや、今度はヴァン・ヘイレンを意識したような路線でやってきたのだ。
どんなギターもそつなくこなす、それが可能なのが、ブルース・キューリックというギタリストなのだった。



個性豊かなエースやヴィニーと違い、やや器用貧乏なところのあるブルース。
彼はすごく上手い、良くも悪くも一流スタジオ・ミュージシャンのようだ。
だから何でも弾ける。
もちろん、ヴァン・ヘイレンみたいなギターを弾けといわれれば、難なくこなす。
ボン・ジョビみたいなギターを弾けと言われれば、問題なく弾く。
決して目立とうとはせず、いつもポール、ジーンの裏方に徹しているのだが、それが長年KISSを支えたわりに、人気が薄いところなんだろう。
おそらく、人間としてはすごくいい人だと思う。

このアルバムは隠れた人気アルバムだと言われている。
個人的にはそれほど優れたアルバムとは思わないが。
前作「アサイラム」の方が好きなのだが、ブルースのギター・スタイルという点で、あえてこちらを選んだ。
楽曲的には、ポールが活躍していて、なかなかのメロディアス・ハード・ロック・アルバムに仕上がっている。

ブルースの凄さがよくわかるのが、4曲目「ノー・ノー・ノー」だ。
出だしから圧倒される凄まじさ。
これを聴くとブルースってやはり上手いんだなと痛感する。
ヴァン・ヘイレンを意識してると思うのだが、俺達だって本気になればこれくらい出来るんだ、と言ってる気がする。


カテゴリー一覧
ホーム
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]