忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日はレンタルDVDで「Once ダブりンの街角で」という映画を見ました。



大人の恋を歌う音楽映画で、ちょっぴり切ないけど夢に向かう二人の行き方がいいです。
街角でギター弾き語りをする男と、ピアノの無いピアニストでチェコからの移民の女。
地味でなんということもない恋、大人の恋といえばすぐに肉体関係に結び付けがちですが、この物語ではSEXどころかキスもしません。
しかし男が奏でる音楽、それに自分の思いを歌詞に入れる女、抜群の相性を見せる男女デュオにより心は惹かれていきます。
しかし過去のしがらみや大人の事情により、それ以上には進展しないのですが、深い友情とも愛情ともとれる人間関係が築き上げられていきます。
そして成功へのチャンスが訪れレコーディングに入るのでした。

レコーディングに入る前に、街角のフィル・リノットの銅像の前で、シン・リジーのコピーをするバンド、彼らをバックバンドとして起用するのですが、そのバンドのギタリストのセリフ「俺たちはリジーしか演奏しないぜ」というのがちょっと良かったです。

ラストで見せる女の外を見る視線が、いろいろな想像をかきたてられ、後味のよい映画に仕上がってると思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 見たかったのです
この映画、単館系だったので、田舎住まいの私は見られずじまいでしたが、別のお友達からもすすめられていたので、とても期待していました。
にゅーめんさんのお話から察しても、大人向けのいい映画のようですね♪

>「俺たちはリジーしか演奏しないぜ」
今のサイクシーが出演しているのでしょうか(笑)
ニセリッチー 2008/07/13(Sun)00:02:06 編集
» 無題
良さそうな映画ですね~♪
レンタル屋さんで借りられたんでしょうか?
明日にでも行って見てみます~
ひらぱ 2008/07/13(Sun)00:17:19 編集
» 低予算
ニセリッチーさん、こんにちは!
この映画は低予算で、撮影期間もたった17日とかだったそうですが、ジワジワと良さがにじみ出てくる映画だと思いました。
それに使われてる音楽がまたいいんですよね。
アコースティックなフォーク、ロック、バラードです。

舞台はアイルランドなので、アイルランドの英雄であるシンリジーは欠かせないでしょうね。
さすがにサイクシーではありませんが(笑)、レコーディングでリジー・バンドのリズム隊が入るとロックっぽくてカッコよくなるのでした。
にゅーめん 2008/07/13(Sun)15:22:08 編集
» レンタル
ひらぱさん、こんにちは!
はい、近所のTUTAYAで借りてきました。
実は、この映画の主人公である男女二人には、役名がありません。
男(Guy)と女(Girl)で、そういうところも味があると思います。
この二人は共に本業はミュージシャンだそうで、リアルでも恋人同士だそうです。

いちおうアカデミー賞では音楽部門で選ばれたようなので、普通のレンタル屋さんにも置いてあると思います。
にゅーめん 2008/07/13(Sun)15:42:09 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]