忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ミーハー気質な私ですが、たまには社会派の映画をひとつ。
人身売買をテーマにした「闇の子供たち」



タイの貧困層から売られる子供、買う人。
買われた子供は、裕福層や日本など先進国の外人相手の売春、または臓器移植の強制ドナーになります。
臓器を取られて死んだり、エイズなど危険な病気になった子は捨てられます。
人権などありません。
家畜以下の扱いとはまさにこのことだと思います。

この映画は良かったとか、感動したとか、そういうものではありません。
非常に重く、フィクションでありながらドキュメントのような映画です。
ラストシーンもドーンと重く、これほど後味の悪い映画も珍しいと思いました。

けっこう目をそむけたくなるシーンもあり、けっしてお勧めしませんが、これに近いことが現実にも行われてるようなので、興味のある方は見てみるのも悪くないでしょう。
最後のオチは衝撃的でした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 映画
本は読んだけれど…

映画も忠実に再現されていたら
と思うと見られません。

まだまだ厳しい現実が世界中にあるんですよね。
ポール森屋 2009/05/17(Sun)08:33:45 編集
» 現実
ポールさん、こんにちは!
ポールさんは原作を読まれたのですね、私はまだ未読です。
映画では10歳にもならない子が性の犠牲になってましたが、私には理解しかねますね、こういう性癖は。
それと難しいのは、不治の病を背負った子供を助けるために、別の罪のない子供の命を奪わなければならない、という問題です。
金のある人が正義、みたいな現代社会の矛盾が指摘されてるようです。

いろいろ知らないところで、悲しい現実があるようですね。
貧困とは単にお金がないだけでなく、恐ろしいものだと思いました。
にゅーめん 2009/05/17(Sun)11:02:41 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]