忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

話題の映画「おくりびと」見ました。



じんわりとくる美しい映画でした。
もっとシリアスで最初から最後まで暗い映画かと思ってましたが、意外にコメディっぽいところもあり、重いテーマを扱いながらも、重過ぎないのが良かったです。

海外で絶賛され、あちこちでたくさんの賞をもらった作品ということで、そういう色眼鏡で見てしまう部分もあるのですが、見終わった直後「感動した」という感じではなく、一瞬「そんなに絶賛されるほどのものか?」と思いながらも後からジワジワと余韻が押し寄せる…そんな感じでした。
もう1回見ればさらに良いと感じる可能性もあります。

辛口に見れば、出来すぎな設定や、わざとらしく感じる部分、こういう職業に対するステレオタイプな反発をする人など、「それはちょっと…」と感じる部分もないわけではありません。
でも見終わったときのさわやかさ、そう、死がテーマの映画なのに、後味のよい映画というのも珍しいと思います。
演技では、主人公の本木雅弘氏、社長の山崎努氏、銭湯の常連客で火葬場職員の笹野高史氏の演技がとくに良かったです。
見て損はない映画。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]