忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第54回名盤シリーズ
シカゴの大ヒット作「ラブ・ミー・トゥモロウ」
(1982年作品)

私が高校に入学した当時、このアルバム収録の「素直になれなくて」が大ヒットしていて、クラスでもファンが多かったバンドだ。
中でも陸上部のI君(ローカルな話題ですみません)はシカゴが大好きで、彼のウォークマンにはいつも「ラブ・ミー・トゥモロウ」のカセットが入っていた。
普通の人が普通に洋楽を聴いていた時代、シカゴは80年代の日本でも普遍的な人気があったのである。

今このアルバムを聴くと、どこから聴いても80年代の匂いがプンプン漂ってきて、古さを感じさせる。
80年代リアルタイマーの私でさえそう思うのだから、今の若い人にはちょっとキツイアルバムかもしれない。
しかしそれは楽器の録音技術や、当時の流行を取り入れたプロデュースのせいであり、楽曲のレベルの話ではない。
どの曲も親しみやすく、印象に残るメロディが満載で、今録音をしなおせば充分現代に通用するクオリティだと思う。

70年代、ブラス・ロック・バンドとしてBS&Tなどと共に人気を集めたバンドだが、当時は2枚組アルバムを連続して出したり、ライブでは長いインプロヴィゼーションをやったりするジャズっぽい演奏が売りだった。
そんな彼らがポップになってきたのは「シカゴV」からだとされるが、元々メロディラインは親しみやすく、今回紹介する16枚目のアルバムは、産業ロック的アプローチまで試みている。
とくに4曲目「チェインズ」や9曲目「レスキュー・ミー」あたりは、キャッチーなメロディとパワフルなアレンジで、シカゴ流産業ロックの傑作だ。
シンセとディストーション・ギターによる分厚いサウンドにブラスが絡んでくると、TOTOのグラミー賞受賞アルバム「IV」にも似たサウンドが完成する。
それとAORっぽいセンスもあり、8曲目「ホワット・キャン・アイ・セイ」なんかはその代表と言えるだろう。
このあたりは、いかにも80年代っぽいところだ。

このアルバムを代表する曲がシングルヒットを飛ばした「素直になれなくて」だ。
ピアノのメロディが切ない響きを奏で、包み込むようなやさしいボーカルが雰囲気を盛り上げる。
シングル・バージョンはバラードのまま終わるが、こちらはアルバム・ヴァージョン。
途中からブラス・セクションが入ってきて、後半はハードな演奏になる。
やはり、本来のブラス・ロックの味があるアルバム・ヴァージョンのほうがいい。

もうひとつ代表曲「ラブ・ミー・トゥモロウ」
パワーが漲るような堂々としたサビが印象的なこの曲は、このアルバムの表題を繰り返す。
この曲の良さは歌部分だけでなく、たとえば中間部のピアノなどアレンジ・センスも良く出来ていることだろう。




名盤100選へ戻る
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 長い夜
こんにちは。
70年代リアルの私はいつになっても長い夜です。
ほかにもヒット曲はたくさんあるのにね。

今月になってから、ピーターセテラの曲をFMで聞きました。立てこもりで有名になったジェイムスの番組です。
れい 2007/05/26(Sat)11:49:54 編集
» 長い夜
れいさん、こんばんは♪
70年代リアルの人や、ロックの通の人に言わせるとやはりシカゴは「長い夜」のようです。
その後、とくに今回取り上げたアルバムの時期は(シカゴに限りませんが)売れ線に魂を売ったとか、いろいろ言われるようです。

ピーター・セテラって今はソロで活動してるのかな?
あの声は今も健在なのでしょうか?
そういえば、今日も立てこもり事件の件でジェイムスがテレビに出ているのを見ました。

最近は県内でも松阪のリンチ指切り事件とか、四日市の爆発とかいろいろありますね。
報道はされてませんが、ちょっと前に亀山市内(井田川の近く)の池でも自殺死体が発見されました。
にゅーめん 2007/05/26(Sat)20:37:01 編集
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]