忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第9回名盤シリーズ
今回はサザン・ロックの醍醐味が味わえる名作「アット・フィルモア・イースト」
(1971年作品)



メンバーはデュアン・オールマン(g)、グレッグ・オールマン(key、vo)のオールマン兄弟を中心に、ディッキー・ベッツ(g)、ベリー・オークリー(b)、ジェイ・ジョニー・ジョンソン(ds)、ブッチ・トラックス(ds)の6人。
ツイン・リード・ギターにツイン・ドラムスというスタイルだ。
いわゆるサザン・ロックと言われるこのバンドは、ブルースをベースにした豪快なロックを演奏し、休む間もなくライブ演奏を繰り返していたのだった。
2年間で500回、時には1日に4回ものステージをこなすタフさ。
彼らの悩みは、スタジオ録音では自分達の魅力を伝えることが出来ないという、ライブバンドにありがちな悩みだった。
そこで、フィルモア・イーストでのライブの模様を実況録音し、発売されたのが、この「At Fillmore East」なのだ。

このアルバムの発表前、デュアンはエリック・クラプトンの「レイラ・セッション」に参加しており、一躍有名ミュージシャンの仲間入りをしていた。
彼のギタープレイの特徴は、歌うように奏でるスライド・ギター・プレイだ。
このライブにおいても、彼のスライド・ギター・プレイが炸裂しており、とても歌心溢れるプレイを聴くことが出来る。
また、スライドだけでなく、通常のギタープレイも素晴らしいもので、決して速弾きやテクニックを駆使したりはせず、フレーズの一つ一つがムダなく生きており、長いソロも飽きさせない。

相棒のディッキー・ベッツも、負けじと味のあるプレイでデュアンと勝負している。
彼のギターの音色が、ブルージーでありながらも艶のある素晴らしいトーンで、次々に魅力的なフレーズを量産していくのだった。

彼らのライブ演奏は長く、このアルバムも2枚組というボリュームに対し、7曲しか入っていない。
前半はブルースのカバー曲を、後半は彼らのオリジナル曲という構成になっているが、4曲目「You Don't Love Me」とラストの「Whpping Post」の2曲は、たっぷり20分前後の熱演だ。

このアルバムの聴き所は、まずは1曲目の「Statesboro Blues」だろう。
いきなりデュアンのスライド・ギターから豪快な演奏がスタートする。
リラックスした中にも緊張感のある絶妙なプレイ、そして何よりも楽しそうに演奏しているのが伝わってくる。

ディッキー作のインスト曲「In Memory Of Elizabeth Reed」も名曲だ。
ラテン調のハーモニーパートがなんとも言えない味を醸しだしていて、アダルトな雰囲気さえ感じさせる。
ここでのデュアンのプレイは、熱く燃えるようであり、白熱したライブ演奏は、この日の観客を熱狂させるに充分な勢いがあり、まさに名演といっていい。
個人的には、この曲が一番好きだ。

現在このアルバムには、デラックスエディションと言われる13曲入りのほうもあるので、これから聴こうという人はそちらを買ったほうがいいだろう。



名盤100選へ戻る
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]