忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第64回名盤シリーズ今回は全世界にアンプラグド・ブームを巻き起こしたエリック・クラプトンの大ヒット作「アンプラグド」
(1992年作品)

今やすっかりアコギ弾きになってしまった私だが、そっちの視点から聴くと、改めていいアルバムだと感じる。
私にとってクラプトンは、クリーム時代のギブソン+マーシャルでハードなブルースをガンガンと弾きまくるのがかっこいいと長年思っていたものだ。
それが「Pilgrim」という98年頃のアルバムを聴いて「大人なクラプトン」のかっこよさにシビレ、それからこのアルバムを聴いたのだ。

このライブアルバムを聴くと、実にリラックスして演奏しているのがわかる。
それに音質がいい。
アコギの味わい深い音色が、とてもクリアに録音されていて、聴くほうもリラックスして音に身をまかせられる。
大人の味わい、アルコールの飲める人は、夜にワインでも傾けながら聴きたいものだ。
選曲もブルースのカバーなど大人びている。
私はまだまだブルースについて語れるほど聴いてはいないが、こういうアコギのブルースというのはロバート・ジョンソンなど、デルタ・ブルースが原点なのだろうか?
今度はそういう方面にも興味があるので、これを機会に足を突っ込んでみようかとも思う。

閑話休題、このアルバムの収録曲について。

1曲目の「Signe」、ボッサ調のインスト曲だ。
思わず、上手い、と唸らせる曲だ。
物凄いテクニックではなく、しっかり練習すれば私でも弾けそうなのだが、思わず膝を叩きたくなるような、絶妙なものがある。
ライブの1曲目にこういう曲を持ってくるセンスもいい。

しっとりとした味わいが楽しめるのが、4曲目「Tears In Heaven」、5曲目「Lonely Stranger」、13曲目「Old Love」、そして一番好きな8曲目「Running On Faith」だ。
アダルトな雰囲気満点で、「大人のロック」って感じがする。
アコギと絶妙なタイミングで入ってくるピアノもいい。

そしてクラプトンといえばブルース、このアルバムでもしっかりブルースをやっている。
とくに好きなのは3曲目「Hey Hey」、9曲目「Walking Blues」、10曲目「Alberta」、12曲目「Malted Milk」だ。
とても素敵な音空間が広がり、何度聞いてもいい。




名盤100選へ戻る
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» アルコール
飲めたら楽しいかも…
お酒に似合いの音楽って沢山あるんだよね~
ポール森屋 2007/11/10(Sat)06:52:16 編集
» お酒
ポールさん、こんばんは♪
最近は付き合いですら飲まなくなりました。
一人で飲むことは皆無なので、事実上禁酒状態です。
といっても全然苦じゃありませんが(笑)

でもいいお酒の飲み方が出来る人って素敵ですよね。
そういう人は、お酒に似合いの音楽も、さまになるでしょう。
にゅーめん 2007/11/10(Sat)19:42:45 編集
» 私の名盤
私はパティ命だった頃の熱くて情熱的なデレク&ザ・ドミノス時代のクラプトンが好きだったので最初にこのアルバムを聴いた時は物足りないように感じたのですが、何回も聴いているうちに実にいいアルバムだと思えるようになってきて、今では「私の名盤」の中の一枚です。

CDで音だけ聴くとあまりわからなかったのですが、ビデオで観るとギターも色々変えていて、おもしろいなと思いました。
にゅーめんさんが一番好きな「Running On Faith」はドブロをスライドギターで弾いていてとてもいい感じですね。
私もこの曲がとても気に入っています。
次の「Walking Blues」、もドブロのスライドギターでその次の「Alberta」で12弦ギターにかえた時スライド・バーをつけたままでギターを弾き始めようとしたのがなんだか可笑しかったです。

私は「Layla」のアコギバージョンも好きだし、「Tears In Heaven」はもちろんのこと、一番はやっぱり「Old Love」かな。
どうやら哀愁の漂うしっとり系が好きみたい。(笑)

とても楽しそうに弾いているのは「San Francisco Bay Blues 」、全員で子どもみたいにはしゃいでいます。
トタンでできたエプロンみたいな楽器(?)を首からぶら下げてかき鳴らしている人がいるのですがこんな楽器(?)を見るのは初めてです。
でもとにかくみんなリラックスしていて楽しそうで、観ているこっちまで楽しくなるライブですね。

長々と失礼しました。
ながれ☆ 2007/11/10(Sat)20:21:05 編集
» ドブロ
ながれ☆さん、おはようございます♪
パティといえば、ジョージ・ハリスン夫人でしたね。
親友の妻と恋に落ちてしまう、まるで映画のような愛と友情物語です。
そして当時はお互いに名曲を書きまくってて、情熱いっぱいだったようですね。

私はこのMTVアンプラグドを見たことがないんですよ。
ながれ☆さんのコメントを読むと、見たくなったのでレンタル屋を探してみようと思います。

>ドブロ
そういえば「Running On Faith」のスライドもドブロですね。
元々はエレキが発明される前に、音量を稼ぐために作られたギターですが、独特の枯れた味のある音色ですよね。
この音色だけでブルースっぽさが出てくる気がします。
そういえばギター仲間のKOSSさんはドブロを1本持ってたと思うので、機会があれば弾いてみたいものです。
にゅーめん 2007/11/11(Sun)07:44:39 編集
» 無題
こんにちは。ブルース良いよね~♪
それまでギンギンが好きだった私なんですが、
クラプトンからブルースの良さを教わった気がします。

そうそう、高校生のとき近所に新規OPENした喫茶店が
「レイラ」という名前だったので、ふらふらと。
そこのマスターがブルースやレゲエがとても好きだったので
モロに影響受けて、勧められるままに聞きあさってました。
彼女と一緒にお店やってたけど、今どうしてるかな~(^^)
ぱめ 2007/11/13(Tue)15:09:58 編集
» れいら
ぱめさん、こんばんは♪
私がブルースを聴くようになったきっかけは、ZEPとストーンズですね。
60年代後半から70年代の初頭のロックってブルースの影響が強いので。
その後、BBキングとか、アルバート・キングとかも聴くようになったのですが、まだつま先をチョコっと入れただけです。
たぶん入り込むと泥沼だと思いますが(笑)

「レイラ」いいお店ですね~
なんか渋めのオジサンが一人で、ちょっと苦めのコーヒーを入れながら(それもすっごくこだわってるやつ)常連が集うようなイメージがあります。
こじんまりしていて、壁には黒人ブルースマンのポスターやレコードジャケットが飾ってあったんじゃない?
で、カウンターにいる常連とマスターが音楽について語ってたりすんの。
んで、常連の一人が失恋なんかしてたりすると、マスターが気のきいたレコードをかけてくれたりするのです(笑)
にゅーめん 2007/11/13(Tue)21:44:12 編集
» どんぴしゃ~(^^)v
そそそ!にゅーめんさんの想像にかなり近い!
木の温もりいっぱいの店内は薄暗く、ヒゲをたくわえたマスター。
壁にはボブ・マーリィとジミヘンのポスターがあって
いつもコーヒーとタバコの香りがしていたの。オトナの雰囲気だったなぁ。

最近、この手の喫茶店って見かけなくなって寂しいよう(T_T)
ぱめ 2007/11/13(Tue)23:18:53 編集
» タバコとコーヒー(と酒と女)
ぱめさん、こんばんは♪
お~~想像通りでしたか~~
そういえば最近はこういう喫茶店って少なくなりましたよね。
私の地元では、昔からやってるロック喫茶(夜はロックバー)があって、そこにはバンドマンや音楽好きの人が集まってました。
店内のビデオでは、よくジミヘンやZEPが流れてました。
でも10年くらい前に閉店しちゃって、寂しいです。

タバコとコーヒーの香り、うんうん高校生くらいの頃ってそういうのに大人を感じるんですよね~
んで、○○才からタバコを吸っちゃったりするんですが、今じゃ酒もタバコもやらなくなりました。
にゅーめん 2007/11/14(Wed)20:59:02 編集
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]