忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オリジナル・メンバーでの活動は1枚のアルバムと1回のツアーだけで終わってしまいます。
いろいろ個性的で自己主張の激しいメンバーだったため、長続きしなかったのでしょう。
辛うじて2ndアルバム「ポセイドンのめざめ」を完成させるものの、バンドは事実上解散状態になります。
ほとんど寄せ集めみたいなメンバーで3rdアルバム「リザード」を発表するものの、バンドは低迷しました。

この時点でロバート・フリップ以外のオリジナルメンバーは全員脱退し、以降バンドメンバーは流動的になります。

次に集まったメンバーはメル・コリンズ(sax、key)、イアン・ウォレス(ds)、ボズ・バレル(b、vo)という個性的な面々。
この3人とフリップとは仲が悪かったようで、ツアーを開始するもののかなり人間関係がギクシャクしてたようです。
しかしこの時のツアーは、音楽的に優れたメンバーが集まってたおかげで、迫力あるライブ・パフォーマンスを披露しています。

今でこそ、コレクターシリーズなど多くのライブ音源を聴くことが出来ますが、ここでは原点ともいえるアルバム「アース・バウンド」を取り上げましょう。

長い間廃盤となっていたライブ・アルバムで、その音質の悪さが定評となってました。
なんでもライブ会場にラジカセを置いて録音されたとか言われます。

しかしこの音質の悪さがなんともいえない異様な迫力を醸し出しているのも事実。
ここで聴ける「21世紀の精神異常者」なんて、これをベストテイクにあげる人がいるくらいです。
私としては「ペオリア」や「アース・バウンド」などのジャムっぽい演奏がとくにいいと思ってます。

元々歌よりも演奏重視のクリムゾンですが、この時期はとくにその傾向が強いです。
このアルバムでも、まともにボーカルが入ってるのは「21世紀~」だけで、あとはインストか適当に歌ってるだけです。
なかでもメル・コリンズのサックスが全体のカラーを打ち出していて、バンド全体を引っ張っているのはフリップよりも彼のような印象があります。
数年前、この時期の「21世紀~」のメルのパートばかりつなぎ合わせた変則ヴァージョンも発売されましたが、それだけ価値があると判断されたのでしょう。
(つづく)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 畏敬の本作
こんにちは。4月に引越などありまして、またしてもお久しぶりデス。

本作の国内盤は、ワーナーからポリドールに移行して初めて1984年に発売されました。
クリムゾンを知りアルバムを貪り聴いたのも丁度重なる時期でした。

事前に北村昌士さんの書籍「キング・クリムゾン~至高の音宇宙を求めて」を読んでいたので、音質の酷さは覚悟していましたが、それ以上に演奏のボルテージの高さに圧倒され、自分の浅さというか何と言うか、まだ自分は本作を聴く素養が出来ていない!!と一人恥じ入った記憶があります。w

上述の書籍に、メル、イアン、ボズの3人とシンフィールドがかなり険悪だった描写があるのですが、それでも分散後にシンフィールドがソロを出すときに3人が揃って参加しているのを知り、とても安堵したのデス。
ゆーじ 2008/05/25(Sun)10:14:54 編集
» 迫力ライブ
ゆーじさん、こんにちは!
引越しされたのですか?
といっても私は前のお宅も知らないので、だからどうってわけでもないのですが、いろいろ忙しかったことと思います。
もう家は片付きました?

「キング・クリムゾン~至高の音宇宙を求めて」は立ち読みで少し読んだことがありますが、いろいろと面白そうだったと思います。
「アースバウンド」での演奏は熱いですよね。
このメンツでの他の日のステージと比べても熱いと思います。
メルたち3人とシンフィールドの仲直りですが、きっとフリップが絡んでなかったのでしょうね(汗)
にゅーめん 2008/05/25(Sun)18:54:57 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]