忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第38回名盤シリーズ
今回は2006年暮れに来日公演を行った、ビリー・ジョエル「ストレンジャー」
(1977年作品)



ビリー・ジョエルの魅力を一言でいうと何だろう?
やはり親しみ易いメロディ、やや無骨だけどよくとおる、ボーカルの魅力だと思う。
よく都会的なポップスと言われるが、この「ストレンジャー」はまさにそんな都会的なイメージをもったアルバムだ。
1977年に発表された本作は、バック・バンドにNY一流のジャズ・ミュージシャンを起用しているところが、特にサウンドを都会的にしているのかもしれない。

前作「ニューヨーク物語」が不振だったせいか、このアルバムの大ヒットぶりは当時衝撃だったかもしれない。
とくに表題曲「ストレンジャー」はディスコブームにもうまく乗って、人気が出たそうだ。

また、1曲目に収められた「ムーヴィン・アウト」も隠れた人気曲。
このアルバムの顔ともいうべき、都会派ポップスだ。

ただ、全体で見るとバラードなどの大人しい曲にこそ魅力があるように思う。
特に素晴らしいのはやはり「素顔のままで」だろう。
イントロのエレキ・ピアノが流れると思わず耳が引き寄せられる。
メロディが良いのは当然として、なんといってもこのアレンジが素晴らしい。
特にドラム、非常にセンスがよろしい。
それに絶妙なタイミングで入ってくるサックス、まさに都会の夜そのもので、雰囲気満点だ。

LPレコードでいうB面には、目立たないが良い曲がたくさん入っている。
とくに好きなのは最後の曲「エヴリバディ・ハズ・ア・ドリーム」だ。
甘すぎず、ちょっぴりスパイスの効いた大人の味わい。
ビリーのソウルフルなボーカルが魅力的で、サビの盛り上がりのあと、ちょっぴり寂しげになるところなど哀愁たっぷりである。



名盤100選へ戻る
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[12/18 Blealgagors]
[12/17 BisiomoLofs]
[12/16 Looporwaply]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]