忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私にとって、人生のターニングポイントとなったといっても過言ではない、重要なライブだった。

2001年2月初旬、すっかり洋楽ロックから遠ざかっていた私だったが、新聞の片隅に「キッス、フェアウェルツアー開催、名古屋レインボーホール」の文字に目が止まった。
キッスか、学生時代よく聴いたな、解散するなら最後に行っとくか、みたいな軽いノリでチケットを取った。

この際だから、CDも買おう、ということで、メイク時代のCDを何枚か購入して聴いていると、再びロック熱がメラメラと燃え上がり、ライブ当日を迎える頃には、完全にロック大好き人間に舞い戻っていた。

席は2回スタンド席だったが、この日はいちおうラストツアーということで、曲数も多く、過去のベストヒット選曲でかなり満足できた。
初めて生で見たキッスは、10代の頃、雑誌で見たあの勇士そのものだった。

少しだけ辛口コメントを書くとすれば、音が良くなかったこと(バスドラが大きすぎて、ベースが聞えにくかったなど)、大好きな「ストラッター」をやらなかったことくらいか。

この日はアンコールで、初期の曲をメドレー形式でやったのは、意外な展開だった。
最後は紙ふぶき舞うなか、「ロックンロールオールナイト」で終了。

後に、このときのライブの興奮をもう一度、ということで、この日のライブブートを購入したが、これがブートデビューでもあった。


1. Detroit Rock City
2. Deuce
3. Shout It Out Loud
4. Talk To Me
5. I Love It Loud
6. Firehouse
7. Do You Love Me
8. Calling Dr. Love
9. Heaven's On Fire
10. Sukiyaki Song~Let Me Go Rock And Roll
11. Sukiyaki Song
12. Shock Me
13. Ace Guitar Solo
14. Psycho Circus
15. Lick It Up
16. Gene Bass Solo~God Of Thunder
17. Cold Gin
18. 100,000 Years
19. Love Gun
20. I Still Love You
21. Black Diamond
22. La Bamba
23. I Was Made For Lovin' You
24. Got To Choose~Parasite~She~Makin' Love
25. Rock And Roll All Nite
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[12/18 Blealgagors]
[12/17 BisiomoLofs]
[12/16 Looporwaply]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]