忍者ブログ
洋楽名盤紹介と日々の雑談を書いてます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いつからだろう、ハロウィンの日が一つのイベントのようになってきたのは。
少なくとも僕が10代の頃には、そういう行事があることは知っていたが、一般的ではなかった。
今後はクリスマスやバレンタインのような、国民的行事に発展するかもしれない。

それはともかく、10月31日、会社の給食でカボチャの料理が出た。
それを見て、いつも隣で食べている友人Nは、一つトリビアを語ったくれた。

「さだまさしの『パンプキンパイとシナモンティー』という曲の歌詞に出てくるコーヒーベーカリー『安眠(あみん)』は、『待つわ』のあみんのユニット名の由来となっている」

友人Nは昭和歌謡や70年代フォークにかなり詳しい人間で、僕もいろいろ教えてもらうのだが、今回の件も初耳だった。
僕はさだまさしのその曲を知らなかったので、早速ユーチューブで探してみた。
すると、とても素敵なアニメーションがあったので紹介しよう。

http://www.youtube.com/watch?v=r2_jDNICGP0

登場人物は、安眠(あみん)の常連学生、不器用なマスター、そしてミスパンプキンと呼ばれる容姿端麗な女性だ。
安眠のコーヒーは美味しく、ここのカボチャパイは女性に人気のメニュー、さらにシモンティーについているスティックで好きな人の名前を書くと願いが叶うというジンクスまである。
無口で不器用なマスターは、いつもカボチャパイを食べにくる一人の女性に片思い。
ヒマな常連学生たちは、余計なお世話でマスターの気持ちを女性に伝えてしまう・・・願いが叶うシナモンスティックで。
逃げ出してしまうミスパンプキン、あせるマスター、うろたえる学生。

その後、マスターは結婚した。
相手は誰かは白状しなかったが、なぜか学生たちへの待遇がよくなった。
もうあの女性は店に来なくなったが、男には苦手だったカボチャパイが、美味しく感じられるほどには大人になった学生たちなのだった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/26 take surveys for money]
[02/03 Ahapenij]
[02/02 ローリングウエスト]
[01/01 にゅーめん]
[12/31 space child]
プロフィール
HN:
にゅーめん
性別:
男性
趣味:
音楽 読書
自己紹介:
音楽を愛する中年男の叫び
バーコード
ブログ内検索
忍者アナライズ

Copyright © [ ROCKET RIDE ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]